Royal-NAVY 王立海軍 ロイヤルネイビー
大航海時代ONLINE、Notos鯖で活動するRoyal-NAVY 王立海軍(ロイヤルネイビー)のBLOGです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

b_02.gif

イングランドを取り巻く情勢~その1~
セイロンへ宝石を買い出しに行き、ロンドンでサージロンさんから料理を貰いました。

20070328012219.jpg

サージロンさん




イングランドを取り巻く情勢についていろいろ意見を求められることが多いので小話を一つ。
テイカさんがBlogで書かれているとおり、対仏私掠再開するかどうかの話が過日ありました。

英仏停戦が発効しても、仏国籍所属の無差別系海賊はイングランド船を襲ってきています。
イングランド側はフランス側へ対処を求めていますが、私見を述べると無理な要求だと思います。

フランスはイングランドとは体制が異なり、海軍に相当する海事組織は持っていません。
仏軍人のほとんどは国益には関心のない模擬軍人という人達でしょうし、対仏私掠停止、英仏停戦の発効時点からこれらは判っていた事だと思います。

背景には危険海域で戦うイングランド私掠、イングランド軍人達の疲れと焦りがある訳です。

「敵には援軍が来るが、自分達に援軍は来ない。」

数度に及ぶインド遠征の際にヴェネチアの某武装商会の方々が来てくれたこともありますが、イングランド私掠の艦隊とセイロン沖で交戦し始めることもあります。

ここら辺の事情を考慮した上で、私は議会で提案を行い英蘭協議でネーデル側に海事・交易でのイングランドへの協力を求めました。

ネーデル側は見返りに「生糸産出港・ヤーディンの影響度についてヴェネチア側との協議の場を設けて欲しい。」との案を出してきました。

イングランド側としてはヴェネチア・ネーデルの協議の場を設け仲介すればいい訳ですから悪い条件ではありません。

ところがイングランド側で相席した人間がこの条件を聞いて、ネーデル代表団を恫喝。英蘭協議は決裂してしまいます。

おかげさまで第三次インド遠征の際には非常に苦労しました。

現在もイングランド私掠やイングランド軍人達は危険海域で孤軍奮闘しています。
義勇でわずかにネーデルの人達が参加してくれるくらいですかね。

英蘭協議を再開しようにもネーデルランドの議長さんは先日引退され、現在、ネーデルランドは無政府状態だと聞いています。
「時、既に遅し」といったところです。

続く
スポンサーサイト

b_02.gif


英国再興への声援は↓をクリック

b_02.gif

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
ちと私見を書きましょうか。
イベリア側に関しては横のつながりが常にあるのですもちチャット等で情報交換されてるでしょうね。
しかしイング側は昔から閉鎖的で傲慢なところがあるから自国で対処できるという体質が横のつながりを必要としない状態になってる。
イング軍人も正直他国人あてにしないとか国益しない模擬人が多いから援軍こないとかいう事態になってるんでないかな。
ネデ、ヴェネ人も含めたチャットを開く等行ってる上でならば嘆きも理解できるけどしてないのなら当然の結果ではないかと思うなぁ
2007/03/28 (水) 14:03:09 | URL | 名乗れぬチキン #-[ 編集]
さすがに目に余るのでコメントします。

まずフランスに関して。
無差別以外の仏PKで対英やっている人がいますね。私が知るだけで2人。もっといるかも知れません。無差別だけではないから、問題になると思うのですが。
その問題を理由として一方的に対仏再開するよりも、仏側との調整努力によって問題が解決するならば、その方が良いはずです。私が仏側に打診したのはそれが理由です。
Lainhaltさんも当日のイング私掠チャットにいたのですから、おわかりになると思いますが、翌日からでも対仏再開しそうな雰囲気でした。

次にネーデルに関して。
ysmrさんが定例会議で「この先この話題を出す人がいればその人は周りからの信頼を得ることは難しいことを自覚されるよう、よろしくお願いします。」と言っていたほどの件なのに、蒸し返すんですか。

現在有効な協定でネーデルが守れていない点がありますね(これはあまりネーデルに対して言いたいことではありませんが)。それがクリアーにならない限り、新しい協定の話はできません。この点は交渉前に指摘しましたよね。

そもそも不可侵から攻守同盟に踏み込んだ交渉は、会議で承認をとっていない内容です。それを行う権限は代表団にありません。
また、ネーデルとヴェネの交渉を斡旋することは「見返り」ではありません。別の話です。少なくとも(ネーデル代表団の1人である)リル・アーゴットさんは、斡旋を求めること自体に否定的な見解を示していたはずです。ログを読み返して下さい。

仲介には一種の責任が発生します。交渉不調は仲介者の顔を潰す面もありますから、変な圧力をヴェネにかけてしまうことになりかねません。

Lainhaltさんの記事内容は全体的に実際の交渉の流れとは全然違うものになっています。話をねじ曲げないで下さい。自分の好きなようにできなかったことを、ゆうすけさんのせいにしないで下さい。

「削除」や「荒らし扱い」などではない、大人としての常識ある対応を期待します。
2007/03/28 (水) 14:56:41 | URL | エレイン #-[ 編集]
俺から、一言

そもそも各国の会議って、商人やら私掠やら海軍かなんか知らんけど、一部の人間の間で話て決まったことだろ。実際どこまで影響力があるのか、そもそも首突っ込むべきか否か実際わからん。私掠側から言わせて貰えば、獲物が減るだけの仏停戦、やるなと言われているから我慢している。

別に俺は、仏攻撃再開をしたいなんて思っていない。ただどことやりあおうが、仲良くしようが、利益があって楽しい方がええね。商人観点からと私掠観点からだとどうしても意見は割れるでしょう。それが他国含めてだと尚更です。

同じ国の中で意見、認識がずれているのがまずは改善すべき点ではないかと思う。

まずは様々な人にやりたいことを明確に説明できて、賛同してもらえるような会議、議会、話し合いの場をつくることだと思います。


2007/03/28 (水) 17:42:28 | URL | 迩隗羅 #MlZaPey.[ 編集]
イングが昔から閉鎖で傲慢ねえ。
その頃はまだソロで活動してた頃だったから、詳しくはわからないが、3国時代
最初は全てが牽制しあっていたのが例のカリカット515協定で、ポルトガルがイスパニアに屈したことから、2対1(1はイングランド)という構図になり、イングランドは自国だけでなんとかせざるを得なかっただけである。
おそらく、書いてる人の国籍は想像つくが、自国の忘れたい過去を棚にあげているだけである。そのときに犠牲になった同国人を見捨てているんじゃないか?

6ケ国実装時もヴェネツィア以外の2つの新国はポルトガル、イスパニアの工作部隊の亡命人が画策したからであって、
それがなかったら全く違った展開になっていただろう。
そもそも、国の数だけそろえれば横のつながりがあるという根拠はなにか?教えてほしいものだね。

本題に入るけど、私も迩隗羅さんの意見に賛成だよ。

そもそも、国際会議に出ていた人たちの全てを知らないし、その会議の議事録担当者もいなかったようだし。
きちんとした立会人、ログを証明できる人がいない以上、どんなログを貼り付けたところで信用できない。某TV会社みたく捏造ができてしまうからね。

よって、どっちの主張が正しいなんてわからない。分からないものに結論なんて出せない。

これはリアルの仕事の報告での上司からの返答が参考になるんだけど、このゲームにあてはめてみれば、

「誰が悪いかなんてのを追求しても終わりがなく、意味が無い。自己の保身に走るだけである。
それよりも、何が悪かったのか?今後それをどう解決していくのかを考え実行することこそ賢明な措置である。」

ということになる。自分は悪くないからと言い張るよりも何が悪かったかについて、会議参加者全員が謝罪し、今後について話し合うようにするべきであると思う。
2007/03/29 (木) 01:26:38 | URL | さすらいの旅人 #-[ 編集]
イング人国籍のかけだし軍人です。
ご意見を申し上げる立場にはないですが、ジカイラさんのブログにもありますがその通りだと感じます。まず国内でよく話し合っていただきたいと思います。
エレインさんがゆうすけさんのせいにしていると仰っておりますが、ネデの一部の人達はゆうすけさんにかなり反感を持っていた事も事実です。
2007/03/29 (木) 16:45:24 | URL | 名無しですいません。 #-[ 編集]
Lainhaltさんの主張である「ゆうすけさんが協議をぶちこわしにした」が事実でないことを皆さんに知って欲しいのです。

Lainhaltさんは、イング定例会議からの代表団として出席していながら、定例会議で承認をとっていないプランをネーデルに持ちかけています。これは越権行為と言わねばなりません。
Lainhaltさんの思い通りにならなかったのは、ゆうすけさんのせいではなく、Lainhaltさん自身に問題があります。

事実をもとに話し合える相手なら、ぜひとも話し合いたいのですが、Lainhaltさんは今のところ正面から向き合わず、揶揄、暗示、皮肉しか返していません。
Lainhaltさんは「実社会でのキャリア」を豊富にお持ちのようですから、常識ある対応を期待したいところなのですが。
2007/03/29 (木) 20:03:21 | URL | エレイン #-[ 編集]
ネーデル人さん

代表同士では何も文書を交わしていませんから、独断も何も破棄するもの自体ありません。

代表団同士の対話内容を、時系列まで無視して別物に改竄されたものが、「議事摘録」と称して発表されました。
そのようなものは一刻も早く削除しなければ、それこそ2国の代表団に対して失礼です。
2007/03/30 (金) 21:48:38 | URL | エレイン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Royal-NAVY 王立海軍 ロイヤルネイビー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

banner.jpg
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、

株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、

『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、

もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが

株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。